フェニックス富良野の管理責任者に任命

Posted on: March 8, 2019

ニセードは、Zekkeiによって開発された『フェニックス富良野』の管理責任者に任命されたことを発表いたします。詳細は下記をご覧ください。

 

ニセードが『フェニックス富良野』の管理責任者に任命されました

開発会社であるZekkeiは、数々の賞を受賞したニセコを拠点とする管理会社(株)NISEKO ALPINE DEVELOPMENTS(ニセード)を、フェニックス富良野の管理責任者として任命しました。

2019年3月1日、ZekkeiプロパティのマネージングパートナーであるJeanette Hallとニセードの取締役会長であるJonathan Martinによって契約が締結されました。

フェニックスは、富良野スキー場の北の峰に初のスキーインスキーアウトコンドミニアムとして開発されました。富良野エリアではコンドミニアムスタイルが大変珍しく、年間を通して人気観光地である富良野に、デザイン性のある快適で新しいコンドミニアムをお客様に提供いたします。

Jeanette Hallは、「広範な地域および国際的な選定プロセスを通じてニセードが選定され、私たちの優れた開発に対するビジョンを実現しています。」と述べています。「ニセコで数多くの主要な不動産を運営する北海道市場でのリーダー的地位と、地域全体での成長する株式は、重要な役割に対する明確な選択肢であることを証明しています。」

Jonathan Martinは、「Zekkeiプロパティは、市場に先駆けた物件を提供しており、Fenix富良野の管理責任者として任命されたことを光栄に思います。私たちはオーナーやゲストに、素晴らしいサービス、ロケーション、ライフスタイル、この最高の組み合わせを提供できることを楽しみにしています。」と述べています。

 

フェニックスの目に前にあるゴンドラから30kmにわたるゲレンデでは11のチェアリフトが利用でき、隣接する富良野ゾーンに簡単にアクセスできます。

また、夏には美しい景色と広大な花畑を目当てに、国内外から何百万人もの観光客が訪れます。

象徴的なロケーションは、一流の建築設計事務所SAADが提供するデザインによってさらに強化されています。日本の美意識と実用的な贅沢を融合させたインテリアデザインは、ロケーションと自然を共用しています。

 

Zekkeiプロパティについて

Zekkeiとは「究極の景色」を意味し、自然環境と調和して建築するという開発者の哲学を反映しています。Zekkeiプロパティは、長年にわたり数多くの民間不動産ファンドを管理し、アジア全域のリゾート地に数多くの住宅用不動産を建設してきました。 Zekkeiコレクションは、世界中の厳選された豪華なバケーションレンタルやパーソナルコンシェルジュをお客様に提供するヴィラレンタル子会社です。

詳細については、zekkei-properties.com をご覧ください。

 

This entry was posted in: News

Tags: niseko, press release, nisade